白妙薄紅

しろたえうすべに
*
足引山の主が作ったとも言われる花街で、十になったばかりの白妙は陰間として水揚げをする。
しかし、彼の心には置屋の番頭の源蔵へのほのかな恋心があった。
*
時代も場所も不特定なため「異世界」や「ファンタジー」として世界をとらえると入りやすいかもしれません。
全ては作者の想像によるものなので、実際とは大きくかけ離れる事柄、言葉があります。
*
作品の内容上、漢字がたくさん出てきます。
最初のページに「登場人物・用語解説」あり。
*
他サイトにも掲載。
24hポイント 7pt
小説 17,457 位 / 57,620件 BL 2,626 位 / 4,764件