魔力に目覚めた私は

貴族にしか使えない魔法とよばれる力は権力の象徴だ。
元貴族であった冒険者の女性が所属するパーティが村へと立ち寄った時に目にした私は、魔法を偶然にも発現してしまう。
決して知られてはいけないという彼女の言葉をずっと守ってきた。
だがある日、村が魔物に襲われて全滅してしまった。

仇をとりたい一心で私は決断する。
24hポイント 0pt
小説 80,051 位 / 80,051件 恋愛 21,294 位 / 21,294件