異能力『おとす』で俺はヤンデレハーレムを作りたい

2033年、南極の氷が解け、未知なる粒子が全世界を包んだ。
どんな危険なものかとすべての人間がかたずをのんで見守っていたが....
その粒子に感化されたものは、なんと「超能力」が使えるようになったのだ!

そしてこの物語の主人公 岡崎克人の能力は『おとす』だった!?
女を落としたり、物や成績をおとすのもいとも簡単?にできる最強主人公の異能力バトルが今、幕を開ける!
小説家になろうでも投稿しています。こちらもよろしく!
24hポイント 0pt
小説 17,634 位 / 17,634件 SF 736 位 / 736件