死神騎士


とある戦乱の世。
”死神騎士”と呼ばれた一人の男がいた。

敵の返り血を浴びて、自らの白髪を赤く染めながら戦場を駆け回るその姿は、見る人によって残酷にも、悲しげにも、そして美しくも映ったそうだ。

そんな彼が「待つ」ものとは何かーー?

そして、そんな彼を「待つ」ものとは何かーー?

どうぞ、その目でご覧下さい。
物語を読んだ後に、あなたが彼を”死神騎士”と呼べるかどうか……。


別サイトにて「待つ」をテーマに書かせていただきました(o^^o)

〈別サイトにて〉
2018年11月25日(日)
投稿・完結
24hポイント 7pt
小説 21,772 位 / 73,312件 ファンタジー 4,912 位 / 21,532件