幸福の忘却

 この世界には奪う側か、奪われる側のどちらかしかない。
 そして、1人の天使が僕たち人間の幸福を奪いに来た。

『君たち下等生物(にんげん)は愚かだ。愚かだから忘れ続ける生き物だ。都合の悪いことを忘却し続け、目を背け続け……そして何も進化しない。愚かな下等生物に許された選択肢は……ここで首を落とされ、腹を裂かれて絶命する生命の放棄か、自らの有り余る幸福を捨て、自らを不幸に貶め……幸福を忘却すること』

 あの日、僕たちの前に現れた白銀の少女が言い放った台詞だ。
 その少女は天使のような美しい羽根を持ち、聖母の様に慈悲深い表情で、悪魔の様な事を言った。

 【幸福の忘却】……全ての幸福を忘却し、奪われ、踏みねじられる。これほどまでに残酷で醜悪で……美しいゲームを他に僕は知らない。


24hポイント 0pt
小説 67,949 位 / 67,949件 ホラー 2,623 位 / 2,623件