いつか君が気づくまで ~守護霊契約~

 俺の付き合っている相手は、無口、無反応、無表情な男だ。趣味も合わなければ会話も弾まない。はっきり言ってつまらない。だけどいつも一緒にいる。そういう契約になっている。
 彼は俺の守護霊だから。

『この先ずっと。一生。命ある限り。いつも一緒にいることを誓う』

 いつかちゃんと気づいてほしい。
 どうして君と一緒にいるのか。


 男子高校生。契約。守護霊。闇。約束。
 ちょっとだけ、すれ違いのお話です。ファンタジーです。
 最初はショートショートを目指していたはずなのに、なぜだか思ったよりも長くなってしまいました……。
 読む順番によって受ける印象が少しちがうかな? と思い、こういう形式になりました。  蒼生よる(あおいよる)
24hポイント 0pt
小説 87,381 位 / 87,381件 BL 8,508 位 / 8,508件