私を拒絶した王太子をギャフンと言わせるために頑張って来たのですが…何やら雲行きが怪しいです

公爵令嬢のセイラは、子供の頃からずっと好きだった王太子、ライムの婚約者選びの為のお茶会に意気揚々と参加した。そんな中ライムが、母親でもある王妃に

「セイラだけは嫌だ。彼女以外ならどんな女性でも構わない。だから、セイラ以外の女性を選ばせてほしい」

と必死に訴えている姿を目撃し、ショックを受ける。さらに王宮使用人たちの話を聞き、自分がいかに皆から嫌われているかを思い知らされる。

確かに私は少し我が儘で気も強い。でも、だからってそこまで嫌がらなくても…悔しくて涙を流すセイラ。

でも、セイラはそこで諦める様な軟な女性ではなかった。

「そこまで私が嫌いなら、完璧な女性になってライムをギャフンと言わせていやる!」

この日から、セイラの王太子をギャフンと言わせる大作戦が始まる。

他サイトでも投稿しています。

※少し長くなりそうなので、長編に変えました。
よろしくお願いいたしますm(__)m
24hポイント 979pt
小説 1,572 位 / 143,887件 恋愛 780 位 / 44,916件