【完結】双竜の紋章の王様と、貧乏小国の王子さま


 大陸の端っこの小さな貧乏な国 ランバルト。

 大国ドラゴランから『王族で18〜22までの歳に該当する者は一年間、城で仕えよ』と知らせがあった。王女なら玉の輿だが、端っこの小さな貧乏なランバルト国には男子しかいない。
仕方なく対象にあたる第一王子の テオドールが大国へ行くことになった。
「一年間、目立たず地味に城で仕えて戻ってくる」
そう決心して大国へ向かったが…。

◆注意◆
★エロ多、無理矢理、3Pあり。予告はしません。苦手な方はご遠慮下さい。

☆ムーンさんにも掲載済みです。
2022/7/1 完結。

©厘/りん
24hポイント 92pt
小説 10,471 位 / 148,288件 BL 2,261 位 / 17,048件