【BL】王の花

ある塔の中に幽閉された男がいた。
年老いた塔守が引退し、新しい塔守が着任した日から、男の人生が再び動き始める話。

漫画のプロット用に途中まで書いていたものですが、体調的にいっぱいいっぱいなので小説として載せます。

2022.7.20 表紙追加
24h.ポイント 0pt
10
小説 187,439 位 / 187,439件 BL 24,267 位 / 24,267件

あなたにおすすめの小説

乙女ゲームのヒロインに生まれ変わったので、この世界を心行くまで満喫します!

秋月一花
恋愛
 私の名はルシル。ヒロインだ。……いきなり何を言っているんだ、って思った人も居るだろうけど、ここは『ルシル~花の乙女~』と言う乙女ゲーム(ソシャゲ)の世界だ。  そう、あろうことか私はこの世界のヒロインとして転生してしまったのだ!  どのルートでも安全安心なヒロイン。生まれ変わるなら悪役令嬢じゃないのか……と前世を思い出した私は思わずそう考えてしまった。だって巷には悪役令嬢に生まれ変わって断罪イベントを回避するのがたくさんあるから。もちろん楽しく読ませてもらっていた。  ……ああ、ちょっと悲しい。読んでいた小説を全部失ってしまったのだから。  ……とは言え、私は前向きなのが取り柄!  この世界に生まれ変わったからには、世界を満喫しないと勿体ない!  悪役令嬢たちにも幸せになって欲しいから、攻略対象には近付ないでおこう!  目指せ、ノーマルエンドー!  ……って、ここゲームの世界だけど……現実なのよね。ゲーム脳はほどほどに。萌えと燃えを楽しむわ!

聖女姉妹の姉は、妹に婚約者を奪われました

天宮有
恋愛
伯爵令嬢の私ミレッサと妹シアノは数週間前に聖女の力を得て、聖女姉妹と呼ばれていた。 一週間前に私はルグド王子、シアノは侯爵令息カインとの婚約が決まる。 そして――シアノの方が優秀だから、婚約者を変えたいとルグド王子が言い出した。 これはシアノの提案のようで、私は婚約者を奪われてしまう。 ルグド王子よりカインは遙かにいい人で、私は婚約者が変わったことを喜んでいた。 そして数ヶ月後――私の方が、妹より優れていることが判明した。

【R18】これって取り引きなんですよね?

コーヒー牛乳
恋愛
バイトの代打を頼んだら「お礼は胸をパフパフでいい」と言われましたが、それは取り引きでしょうか? 即席エロシリーズ第3弾!

私に婚約破棄を告げ、お金持ちの令嬢を選んだ婚約者ですが…彼女の家はすぐに没落します。

coco
恋愛
私に婚約破棄を告げ、金持ちの令嬢を選んだ婚約者。 でも…彼女の家はすぐに没落します─。

バカバカの壁を超えてゆけ

雨澤 稼穀
SF
心象素描(しんしょうすけっち)実践研究 令和甲辰(きのえたつ)肆拾壱 皐月 弐陸捌肆 陸 弐零弐肆

【完結】出戻り令嬢の奮闘と一途な再婚

藍生蕗
恋愛
前夫との死別で実家に帰ったブライアンゼ伯爵家のレキシーは、妹ビビアの婚約破棄の現場に居合わせる。 苦労知らずの妹は、相手の容姿に不満があると言うだけで、その婚約を望まないようだけど。 ねえ、よく見て? 気付いて! うちの家、もうお金がないのよ?? あなたのその、きんきらきんに飾り立てられたドレスもアクセサリーも、全部その婚約相手、フェンリー様の家、ラッセラード男爵家から頂いた支度金で賄っているの……! 勘違いな妹に、貴族の本分を履き違えた両親。 うん、何だか腹が立ってきたぞ。 思い切ったレキシーは、フェンリーに別の相手を紹介する作戦を立てる。 ついでに今までの支度金を踏み倒したいなんて下心を持ちつつ。 けれどフェンリーは元々ビビアと結婚する気は無かったようで…… そうとは知らずフェンリーの婚活に気合いを入れるレキシーは、旧知の間柄であるイーライ神官と再会する。 そこでイーライとフェンリーの意外な共通点を知り、婚約者探しに一役買って貰う事にしたのだが…… ※ 妊娠・出産に対するセンシティブな内容が含まれます ※ 他のサイトでも投稿しています

冷徹陛下に「お前を逃がさない」と言われました

天災
恋愛
 「お前を逃がさない」

謀殺された王子は 復讐者として淫らに返り咲く

弓月
BL
「汚泥にまみれた僕を抱き  お前もその身を腐らせろ」  とある国の王宮に、仲睦まじい二人の王子がいた。  しかし王位継承者である兄は取り巻きの貴族達に惑わかされ、次第に弟を遠ざけるようになる。  兄に見放された弟は、十二の生誕日を控えた夜、暗殺の濡れ衣とともに謀殺された。  …と、ここまでが奴等の筋書きだった。  月日は流れ──九年後の王都。  歴史ある城壁に守られた砂漠の街を、ひとりの青年が歩いていた。  みすぼらしい服装だが、長めの前髪から垣間見える彼の器量はすこぶる良い。  見惚れた街人が思わず行くあてを尋ねると、凛と静けさのこもった声で青年は答える。  王宮へ向かい、国王の直属部隊である、近衛隊に志願すると。 「やめときなよ綺麗な兄ちゃん。爵位を持たない身分で近衛兵になったところで、お貴族さま御用達の男娼にされるのが関(セキ)の山だ」 「……知っているさ」  街人はそれを愚かだと止めたが、青年は聞く耳を持たなかった。 ──  目的のために身体を売り、心を殺した。  これは美しく成長し舞い戻った青年の、耽溺な復讐の物語。