最果ての僕ら


20XX年。日本には極少数だが、超能力者がいる。
一般市民に危険物として差別される彼らが生きるには、『ナレノハテ』と呼ばれる化け物を倒し続けるしかなかった。やがて『僕ら』は、意識化になかった本当の敵を知ることになる。

大人になれるかもわからない少年少女の、戦いと苦悩と、青春の始まり。
24hポイント 0pt
小説 48,595 位 / 48,595件 SF 1,673 位 / 1,673件