イルカ座の少年

 少年は水泳が大好きだった。
 誰かと競って泳ぐよりも、ただひんやりとした水の中にいるのが好きだった。
 だが、そんな少年は少女の一言で変わっていく。

「私、夏の大三角よりもアルタイルのすぐ横にあるイルカ座が好き」

 大人になった少年は競泳選手となりオリンピックを目指すも、なかなか記録が伸ばせないでいた。
 そんな彼は、ある日イルカ座に願いをかけた。

「俺にもう一度だけ、自己ベストくれないか」

 翌日から彼に体の異変が起き始める。
 
 屁が、止まらない。
24hポイント 0pt
小説 58,673 位 / 58,673件 ライト文芸 2,381 位 / 2,381件