幼なじみは御曹子

幼稚園の時から一緒だった。
いつも三人で、幼い頃は大人になっても三人ずっと一緒だと思っていた。
でも知っていた。初めて会った時から彼が彼女を好きなことを。彼女の側にいたいからこの幼なじみの関係をずっと続けている事をわたしは知っていた。それなのにわたしは彼のセフレになってしまった。不幸になるとわかっていたのに彼の手をとってしまった。
だから、事故が起きた時に彼が彼女を助けたのもわたしのことを忘れていたことも仕方のないことだった。
所詮、わたしは中流階級の娘で御曹子である彼とは釣り合う家柄ではなかったのだ。
24hポイント 0pt
小説 125,826 位 / 125,826件 恋愛 36,038 位 / 36,038件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ヴィラネス~悪役令嬢の矜持~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:129601pt お気に入り:5990

婚約破棄されまして(笑)

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:15756pt お気に入り:13954