【真説】天国と地獄

今回は作者には珍しく、セリフの多い作品になりました。一人の童話作家が天国と地獄の夢を見て、それを本にしようと思う。その話を、前の担当者である三雲と馴染みのバーのマスターにしたその日、三雲と作家は交通事故で死んでしまう。研究所のような建物で、天国と地獄の選択をしなければいけないのだが、その選択のために担当者といろいろ話をすることになる。人間共有の意識としての天国と地獄、そして個人個人で思い描く天国と地獄。次第に個人の輪廻に結びついてくる。
24hポイント 0pt
小説 87,613 位 / 87,613件 ホラー 3,162 位 / 3,162件