冷徹公爵様にお決まりの「君を好きになることはない」と言われたので「以下同文です」と返したら「考え直してくれ」と懇願された件について

私ことアディル・ラヴェインは、伯爵家の一人娘であり、日本からの転生者だ。
そんな私は、義妹と相思相愛で結婚の約束までしていたと噂されているヴァルフレッド・オブラスタ公爵と政略結婚をし、只今、初夜の真っ最中である。

私を睨みつけている公爵閣下から、あのお決まりの言葉が出ることを今か今かと待ち侘びて……ついに!

「君を好きになることはない」

キタァーーーッ!!

そして私は笑顔で返す。「私も以下同文です」、と。
けれど公爵閣下は何故か傷付いた顔をし、「考え直してくれ」と言ってきて!?

傷付いた顔をするのは本来なら私のハズでは!? 一体どういうこと!?


※コメディです。短くサクッと終わりますので、生温かな目でお読み頂ければと……。少しでもクスリと笑って頂けたら至福の喜びです。
※他小説サイト様で掲載しているものを加筆修正し、まとめたものになります。R18は本編ではなく後半からです。

24h.ポイント 617pt
14,148
小説 1,986 位 / 186,997件 恋愛 926 位 / 56,697件