日常探偵団2 火の玉とテレパシーと傷害

 君津静香は八坂中学校校庭にて跋扈する青白い火の玉を目撃した。火の玉の正体の解明を依頼された文芸部は正体を当てるも犯人は特定出来なかった。そして、文芸部の部員がテレパシーに悩まされていた。文芸部がテレパシーについて調べていた矢先、獅子倉が何者かに右膝を殴打された傷害事件が発生。今日も文芸部は休む暇なく働いていた。

 ※誰も死なないミステリーです。
 ※本作は『日常探偵団』の続編です。重大なネタバレもあるので未読の方はお気をつけください。
24hポイント 0pt
小説 111,595 位 / 111,595件 ミステリー 2,619 位 / 2,619件