寂れた無限の奉仕

 ある日、人が欲しいものを何でも与えられるようになった主人公はさまざまな人に奉仕する事が自分の存在価値なのだと悟った。

 人に奉仕した人生の行く先は如何に。
24hポイント 0pt
小説 139,914 位 / 139,914件 ライト文芸 6,000 位 / 6,000件