寄生蜂

蝶名林遊兎は蝶のように自由に生きている。
しかし、ひょんなことで寄生蜂につけ回されるようになった。
女の子っぽい『男の娘』と男性っぽい『男装の麗人』が出会い、ただ『男の娘』がじわじわと侵され喰われていく。
もう二度と羽搏けないようなところまで連れられるのか。
それとも、二人はともに羽搏くための手を打つのだろうか。
何れも、蝶名林遊兎は未だ貪られていくのみだ……。
24hポイント 0pt
小説 102,104 位 / 102,104件 ライト文芸 4,707 位 / 4,707件