神嫌いの神様と一つ屋根の下

一緒に暮らしていた両親と弟から、家を出て行くように告げられた、姫宮媛(ひめみやひめ)は、言われた通り「神様」が住むという屋敷に向かう。

玄関前にはラフな格好をした金髪の美青年・神木璃三郎(かみきあきさぶろう)が待っていた。

話しやすさに舞い上がり、馴れ馴れしくしてしまったけれど、まさか彼が「神様」だったなんてーー


24hポイント 0pt
小説 105,443 位 / 105,443件 キャラ文芸 2,622 位 / 2,622件