朔々

朔々

朔々(さくさく)と申します。 2020.12〜本格始動。 エブリスタでも同名で執筆中。 https://estar.jp/users/460682535
7
四十九日。故人があの世のどこに行けるかどうかを決める最終裁判の日。一般的には親しかった者たちが法要を行なってくれることによって良い裁きが下るのだが、個人化が進む社会では孤独死する者たちも多い。そこであの世にて新たに整備された画期的システム『レンタル法要応援人』。まだ始動し始めたばかりで、パートの庶務事務で雇われているはずの私、サトリにまで応援要請が来てしまって!?
24hポイント 0pt
小説 140,781 位 / 140,781件 キャラ文芸 3,377 位 / 3,377件
文字数 9,351 最終更新日 2021.08.07 登録日 2021.07.31
全人類尊重革命が起こってから、早くも100年余り。若者たちは残酷な歴史の記憶を持たないまま、平和な日常を暮らしていた。 総人口が極端に減ってしまってからというもの、一人一人のパーソナルデータは『MY ID』によって管理されている。革命によってもたらされる筈だった、統制からの自由は強まる一方であり、優秀な人材は優遇され、そうでなければ、社会的尊厳を失うことになりかねない。 道成一也(みちなりいちや)は家族同然に育った一ノ宮しずく(いちのみやしずく)と共に都立若年層育成機関の高等部に進学した。 ※現代から遥か未来のお話。全てフィクションです。
24hポイント 0pt
小説 140,781 位 / 140,781件 ライト文芸 6,052 位 / 6,052件
文字数 1,257 最終更新日 2021.05.31 登録日 2021.05.31
恋愛 連載中 長編
推し活中心に生活を送っている五月菜々(さつきなな)。28歳の誕生日に、15年間推してきた前嶋尊(まえしまたける)の初の熱愛報道が出たことにショックを受けて寝込んでしまう。 「推しがいれば彼氏はいらない」と思っていたけれど、「いつか推しにもXデー〈結婚発表する日〉が来る」と冷静になり、自分が先に結婚する決意をした。恋愛経験もゼロからの婚活は厳しい…… 男性アイドル推しの28歳OL、恋活始めます!
24hポイント 0pt
小説 140,781 位 / 140,781件 恋愛 43,651 位 / 43,651件
文字数 685 最終更新日 2021.05.17 登録日 2021.01.31
恋愛 連載中 長編 R18
地味すぎるOL生活を送っていた私は、枯れ果てた恋愛難民。毎日の激務でふらふらしながら帰宅していたら、電柱に頭をぶつけて気を失ってしまった・・・ 「えええええ!なんで服を着てないの?!」 目が覚めると、見たことのない天蓋付きベッドの中で産まれたままの姿の私。 混乱したまま辺りを見渡すと、なんと隣には裸の男の人!!! 「いやああああ!!」 どうやら、貴族令嬢に転生してしまったようです。話を聞くと、私には心から愛する人に抱かれると、神聖魔法が使えるようになるという能力が備わっているらしい。 え、それってつまり? 毎晩、入れ替わり立ち替わり、令息たちがベッドに忍び込んできます。それが国家の存続に関わると言うから断りきれない!!
24hポイント 21pt
小説 24,727 位 / 140,781件 恋愛 11,660 位 / 43,651件
文字数 26,811 最終更新日 2021.03.17 登録日 2020.12.03
一緒に暮らしていた両親と弟から、家を出て行くように告げられた、姫宮媛(ひめみやひめ)は、言われた通り「神様」が住むという屋敷に向かう。 玄関前にはラフな格好をした金髪の美青年・神木璃三郎(かみきあきさぶろう)が待っていた。 話しやすさに舞い上がり、馴れ馴れしくしてしまったけれど、まさか彼が「神様」だったなんてーー
24hポイント 0pt
小説 140,781 位 / 140,781件 キャラ文芸 3,377 位 / 3,377件
文字数 18,566 最終更新日 2021.01.24 登録日 2020.12.31
17歳になり使い魔召喚をしたところ、やはり猫だった。テオは代々猫使いの家系の末裔だった。使い魔が猫であることはとても珍しく、霊的なものを感知する猫は、ある時代では恐れられ、猫狩りにあっていた。使い魔召喚を終えた者は使い魔と一心同体である。つまり、猫狩りにあえば命を失う。そんなもの迷信だ、なんて思っていた矢先、ノアという少年に出会った。聞けば、猫狩り一族の落ちこぼれだという・・・
24hポイント 0pt
小説 140,781 位 / 140,781件 ファンタジー 34,282 位 / 34,282件
文字数 5,108 最終更新日 2020.12.07 登録日 2020.12.01
「もうすぐ、ボーナス時期だったのに、こんなところでくだばるとは・・・」 交通系、建築系、エネルギー系、生活系とインフラ整備を網羅する大手企業に勤めている俺。 出先で重機の下敷きになり、呆気なく没することになりました。 そんな異世界の夢をよく見ていた少年時代。 中央魔法学園中等部に上がる年、親にスマホのプレゼントをねだりました。 「『スマホ』とは何かな?」 この世はスマートフォンが無い!!! スマホってそもそもなんだっけ!?! そうだ!!思い出した!! 12歳、レジナルド少年。前世の記憶が蘇り、異世界転生者であることが判明!! スマホはおろかネット環境が無い!新幹線も飛行機も無ければ、蒸気機関車ですら無い! みんな、魔法に頼りすぎじゃない? 不便極まりない世界を文明化してみせる!
24hポイント 0pt
小説 140,781 位 / 140,781件 ファンタジー 34,282 位 / 34,282件
文字数 1,048 最終更新日 2020.12.06 登録日 2020.12.05
7