宝くじに当たったんでしょ?お金貸してというママ友に貸す代わりに車を貸してくださいな。

「あのね、お金を貸してほしいのよね」
ママ友の純香さんにそう頼まれて困惑してしまう私。
「いったい、いくらぐらい貸してもらいたいんですか?」
「これくらいね」親指と人指し指を出して見せる。
「2万円ですね」
「あのね、
24hポイント 28pt
小説 15,747 位 / 105,634件 大衆娯楽 452 位 / 3,434件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

魔術について

エッセイ・ノンフィクション / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:0