定期券入れに入っていた美女の写真が憎らしい!怒りと憎悪に包まれた私は夫を渡さない・・・

深夜、喉が渇いた私は水を飲もうとキッチンへと向かった。
照明をつけると、テーブルの上に夫の定期入れが置いてあった。
「こんなところに置いて、無くすといけないわ」私は定期入れをバッグへと入れようと手にとった。
24hポイント 0pt
小説 119,575 位 / 119,575件 大衆娯楽 4,240 位 / 4,240件