結婚指輪をはめてくれと深夜に彼氏が現れて伝えてくる理由に涙

「亜美!亜美!起きてくれよ。大変なんだ!」
私が寝ているベッドの前に、彼氏の健斗が立っていた。
「どうしたの?こんな夜遅くに」
そう聞くと、「俺と今すぐに結婚してくれよ」と言う。
「ちょっと、なにがあったの?
24hポイント 0pt
小説 100,335 位 / 100,335件 ホラー 3,633 位 / 3,633件