犬どもの生活

両親を亡くし、天涯孤独になった10歳のもも乃を引き取ったのは、母が経営していたクラブの黒服、奥谷だった。
首と手に鎖の刺青を入れたもとやくざの奥谷と、会ったこともほとんどない母に対する不信感で一杯のもも乃は、探り探りの2人暮らしを始める。
24hポイント 0pt
小説 148,913 位 / 148,913件 BL 17,135 位 / 17,135件