自称宇宙人の電波美女にプロポーズされたっ!?

冬休みも終わろうかというある日、家でだらだら過ごしていた穂高晟《アキラ》は、ちょっとウザい感じに兄に構われていた。
すると、ピンポーンと鳴る玄関。
訪ねて来たのは白無垢姿の褐色美女で、彼女は兄を押し倒してキスをした後・・・「間違えたっ!」と言ってなぜか晟へプロポーズをしたのだった。

ユルい設定です。
24hポイント 21pt
小説 17,413 位 / 102,118件 キャラ文芸 191 位 / 2,618件