作家につかれた作家の話

売れない作家、川江春輝は、四十路を越えて未だ大成しない己の人生に絶望し、練炭自殺を試みる。
マッチに火を点けようとしたその時、『早まるな』と声をかけてきたのは、身体が半透明に透けたひとりの老人だった。
驚く川江に、老人は一つの提案をする――。


・小説家になろうでも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 83,274 位 / 83,274件 現代文学 4,110 位 / 4,110件