張飛の花嫁

夏侯家の令嬢・玉華はある日、薪を拾いに行った際に出会った張飛に攫われる。
いつ命を失ってもおかしくない状況の中、玉華は何をしてでも生き延びなければならなかった。
彼女には、「罪」があったのだから―――

正史「三国志」の表記を元に、張飛の妻を考察、捏造した小説です。
作中、夏侯淵の姪の名前をオリジナルで「玉華」と設定しています。

※「小説家になろう」にも投稿しています。
24hポイント 21pt
小説 12,675 位 / 59,006件 歴史・時代 140 位 / 749件