この異世界ではネコが全てを解決するようです 〜ネコの一族になって癒やしの力を振りまいた結果〜

 コミュ障気味の元猫カフェ店員珠子が、真っ白モフモフの猫っぽい生き物と衝突したとたん、異世界トリップ!?
 目覚めた場所は戦後処理に苦心するベルンハルト王国。
 何故かトリップ時に猫の特性、癒やしのフェロモンを若干身に付けてしまった珠子は、一緒にこの世界にやってきた猫っぽいのとその子供たちと共に、激務にお疲れの軍部の人々を癒やす日々。
「「「「「「ミーミー、ミーミー」」」」」」
「うふふふ、おいでー! おじさんと遊ぼうにゃん!」
「えへへへへっ! ほぉら、おじさんを捕まえてごらぁーん!」
 全力でモフモフの下僕と化した軍人達に対し、そのトップである美貌の王子、ミケランゼロは珠子の猫フェロモンがお気に入りらしく──
「タマ、さっさと吸わせろ」
 激務のあまりテンションおかしい王子と珠子を見つつ、怪しく笑う猫っぽい生き物こと異世界生命体・ネコ。
 なんと彼女(?)は共に異世界トリップした珠子を娘認定し、その上珠子を利用して世界征服を企んでいて……
『しめしめ……そやつめ、まんまと珠子に依存しておるわい。チビ達も順調に人間どもを手懐けておるし──我らがこの世界を制する日も近いぞ!』
 珠子はそんなネコのヤバい企みを阻止しつつ、恩ある王子をはじめ人々を癒やすべく奔走するのだけれど──
 なすりつけられる毛! 炸裂する猫パンチ! 仕事を邪魔されて喜ぶ下僕たち!
 存分にネコハラを受けながら、みんなで幸せになるべく珠子は前を向く。
24h.ポイント 71pt
2,026
小説 12,283 位 / 186,994件 ファンタジー 1,662 位 / 42,873件