雨上がりの蝶


 山奥にあるコテージに、毎年恒例で訪れた四組の家族。

 子供達も大きくなり、四組の家族が揃って集まるのは今年で最後であろう。
 これから二泊三日の楽しいキャンプ生活が始まる筈であった――。
 
 日中は快晴で天気予報も数日晴れが続くと云っていたが、初日の夜からの嵐で身動きが取れずコテージに閉じ込められてしまった人間達。

 豪雨に紛れて突如響く轟音。


 外界への唯一の道を失った一同に暗雲が立ち込める。



 天地を味方につけた殺人鬼の宴が、今始まろうとしていた。


 ※縦読み推奨※


 今から15年程前に『横溝正史ミステリ大賞』に何の迷いか――多分若気の至り――応募した作品です。
 プロットノートもコピーした草稿も紛失して、タイトルすら忘れてしまった作品ではありますが、大まかな内容は覚えているので、多分少しは当時から比べて成長しただろう現在、もう一度最初から書いてみよう! と思い至った次第です。

 当時、締め切り前日まで書いてて、いざ出そう! と郵便局に行った所で1次選考で必要な概要を書き忘れているのに気付き、慌てて原稿3枚書く……なんて、ミスしまくって( TДT)良い思い出です。。。 
 
 因みに、想像はつくでしょうが、1次選考すら通らなかったです。
 

タイトルはかなり適当に付けてしまいました。もしかしたら、途中でタイトル変わっているかも?

 こんな裏事情?がある作品ですが、どうぞよろしくお願いしますです。

 角川書店「カクヨム」さんでも載せてるってよ!
 
24hポイント 0pt
小説 44,609 位 / 44,609件 ミステリー 1,124 位 / 1,124件