センテリアンの遺産と災い

 伊賀俊二は、100歳「センテリアン」び小説家の構想を小説に、まとめる仕事を与えられた。その百歳の倉木先生は、偏屈な頑固者で、彼の走り書きの文章をまとめるのは、大変。そこで住み込みで倉木の家に入り生活を共にした。ところが、先生は、冬の朝の散歩で脳溢血で亡くなった。その後、伊賀が、1年かけて小説に仕立てた。先生の遺言で小説の印税と先生の目黒の家をもらった。しかし、その後、伊賀は、悪夢に、うなされ体調を崩した。ある日、ついにたまらず、出版社を退職。悪夢から逃れるため、多くの事をするが・・・。小説家になろう、重複投稿しています。
24hポイント 99pt
小説 7,302 位 / 95,679件 現代文学 82 位 / 4,979件