僕が残したもの、僕が遺せたもの

 ある世界の、ある星、ある国のその中にあるとても小さな村に生まれた彼ら五人。
 毎日一緒に遊んでは、毎日一緒に昼食も食べた、家族みたいな存在だった。

 そして十五歳、成人を迎える日。彼らは各々の想いを胸に、その日を迎えた。
 またいつもの村で、五人集まって、話をする。
 そう、思っていた―――――
24hポイント 0pt
小説 128,189 位 / 128,189件 ファンタジー 32,671 位 / 32,671件