素直になるのが遅すぎた

王女はいらだっていた。幼馴染の公爵令息シャルルに。婚約者の子爵令嬢ローズマリーを侮辱し続けておきながら、実は大好きだとぬかす大馬鹿に。いい加減にしないと後悔するわよ、そう何度言っただろう。その忠告を聞かなかったことで、シャルルは後悔し続けることになる。
24hポイント 518pt
小説 2,760 位 / 143,881件 恋愛 1,362 位 / 44,915件