婚約破棄ですか殿下。真実の愛とは一人に使うものです。妹が死んだら今度は幼馴染ですか。殿下の幼馴染は聖女じゃありませんが今更言われてももう遅い

「お姉様〜エルミシアは病気だから〜男爵家のお仕事できないの〜
お姉様かわりにやっておいてね〜」
「あら〜お姉様〜何泣いてるの〜泣けばなんとかなるのかしら〜
泣けば誰かが助けてくれるの〜?
良いわね〜お姉様は人生イージーモードで〜。
エルミシアなんて〜産まれてきた頃からずっと病弱で〜人生ハードモードだから〜
泣いてもどうにもならない事を知ってるわ〜」
 「エルミシア!!お前のような地味なブス聖女には婚約破棄を告げてやる!!
俺様は!!お前の妹のエルミシアを愛している!!
俺様は真実の愛に目覚めたんだ!!」
 「俺様は!!お前のような地味なブス聖女より!!幼馴染の美しいイリーナを愛しているんだ!!」
 「殿下、真実の愛とは一人の相手に言うものでしょう」
 「私の妹のエルミシアが死んだからって今度は幼馴染のイリーナ令嬢ですか」
 「それ、真実の愛と言えますか」
 「殿下は誰も愛していないんでしょうね」
 「殿下の幼馴染は聖女じゃありませんが大丈夫ですか」
 「イリーナなら!!今から聖女の訓練を始めてもなんとかなる!!」
 「そうよリーゼル。私なら今から聖女の訓練を始めてもなんとかなるわよ」
 「はぁ、そうですか。ここまで忠告したのですから、後から助けてくれと言われてももう遅いですよ」
 「助けてくれリーゼル!!」
 「助けてリーゼル。私達友達でしょう」
 「そうねイリーナ。貴女は私の一番の親友よ」
 「助けてくれるのね」
 「はぁー!?今更もう遅い!!」
 「辛かったんだなリーゼル。今までお前はずっと虐げられてきた」
 「これからは俺がお前を愛する」
24hポイント 0pt
小説 128,287 位 / 128,287件 ファンタジー 32,685 位 / 32,685件