お月さま色した、猫

それは、人間であることをやめた少女と、孤独な魔法使いの、優しい再生の物語。


森には大きな館があった。
そこに住むのは一人の魔法使いと、一匹のねこ。

ねこは、ある日傷ついた人間を見つける。
人間はねこに名前をくれた。人間のお姫さまの物語を教えてくれた。人間の世界にこないかと、誘った。

ねこは、人の言葉を話すことが出来た。魔法使いがくれるミルクの優しいあたたかさを知っていた。
でも、ねこはどうして自分が森に居るのかを知らない。
どうして、人間の言葉を理解するのかを、しらない。

魔法使いは言う。しあわせに、なれ。
人間は言った。それはしあわせでは、ない。

――これは、幸せを知るための物語。

「小説家になろう」でも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 64,128 位 / 64,128件 ファンタジー 20,049 位 / 20,049件