立派な養い子がいつまでたっても巣立ちません。

マクベスは傭兵時代に獣人の子供を拾った。犬獣人だと思っていた子供は、狼の獣人だったわけだが成人になり立派に起業した。
なのに、いつまで経っても家から出ていかない。それどころか、俺の家を広くリフォームしたり……出て行けよ!?

「俺は、マクベスさんが好きです」とオッサンの俺の事を好きすぎる。


養い子と育て親の話。
ラストになるにつれ、エロ度が上がるのでご注意ください。

24hポイント 319pt
小説 4,700 位 / 139,946件 BL 953 位 / 15,814件