落ちるときは落ちるのだ

声に出すこともできずに散った恋心。
泣いて泣いて消化しようとしたら、隣家に住む幼馴染みに呼ばれて夜空を見に行くことに。

一人になりたいけれど、ひとりぼっちはいやだった。
そんな彼女に寄り添う幼馴染みの物語。


※小説家になろうでも掲載中
24hポイント 28pt
小説 14,131 位 / 91,565件 ライト文芸 205 位 / 3,794件