【完結】竜の翼と風の王国 〜竜の翼の生えた女子高生、王国を救う乙女として召喚されました〜

普通の女子高生のはずの私の背中には、今大きな黒いコウモリのような翼が生えている。
コスプレしているわけではない。引っ張ってもとれないのだ。
目の前には白いフード付きマントを来た人が立っている。
「お迎えにあがりました」
マントの人が私に向かって手を伸ばす。
「どこへ行くって言うの?」
恐る恐る聞くと、
「あなたの生まれた世界へ」
なんて言っている。
いやいや、私、日本人ですから。

神殿の風鏡の封印を解く風の乙女として精霊が守護する世界に連れて行かれた女子高生は、その世界の王様・神官達と共に旅をしながら、魔物に覆われた風の王国を救いに行きます。
チート能力が目覚めてくれない普通の女子高生は、本当に国を救うことができるのでしょうか。

このお話は小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 14pt
小説 21,883 位 / 125,174件 ファンタジー 3,980 位 / 32,271件