猫かぶり戦乙女は癒し系女子を目指す

「だって、君は強いから。守ってくれる男なんて必要ないだろう?」

最初の初恋も、2度目の初恋も、3度目の初恋も、すべて同じセリフで振られた。ついでに言えば、4度目も5度目もだ。
「そう思うなら、しかたないわね」
引き攣った笑みを浮かべる私は、そのままひとりその場に取り残される。
取り残されたまま、ヘタレ男など滅んでしまえと呪うまでが様式美となっていて……。

このまま何度も振られ続けるのはごめんだ。
私は生まれ変わって癒し系ゆるふわ女子となり、将来有望な彼氏を見つけて幸せになってやるのだちくしょう!

※ムーンライトからの転載です
※4章31話以降は不定期の更新になりますー
24hポイント 14pt
小説 14,933 位 / 57,697件 恋愛 4,986 位 / 13,797件