土方歳三ら、西南戦争に参戦す

 榎本艦隊北上せず。
 それによって、戊辰戦争の流れが変わり、五稜郭の戦いは起こらず、土方歳三は戊辰戦争の戦野を生き延びることになった。
 生き延びた土方歳三は、北の大地に屯田兵として赴き、明治初期を生き抜く。
 また、五稜郭の戦い等で散った他の多くの男達も、史実と違えた人生を送ることになった。

 そして、台湾出兵に土方歳三は赴いた後、西南戦争が勃発する。
 土方歳三は屯田兵として、そして幕府歩兵隊の末裔といえる海兵隊の一員として、西南戦争に赴く。
 そして、北の大地で再生された誠の旗を掲げる土方歳三の周囲には、かつての新選組の仲間、永倉新八、斎藤一、島田魁らが集い、共に戦おうとしており、他にも男達が集っていた。
(「小説家になろう」に投稿している「新選組、西南戦争へ」の加筆修正版です) 
24hポイント 21pt
小説 17,969 位 / 99,141件 歴史・時代 136 位 / 1,097件