世界はあるべき姿へ戻される 第二次世界大戦if戦記

1929年に起きた、世界を巻き込んだ大恐慌。世界の大国たちはそれからの脱却を目指し、躍起になっていた。第一次世界大戦の敗戦国となったドイツ第三帝国は多額の賠償金に加えて襲いかかる恐慌に国の存続の危機に陥っていた。援助の約束をしたアメリカは恐慌を理由に賠償金の支援を破棄。フランスは、自らを救うために支払いの延期は認めない姿勢を貫く。

ドイツ第三帝国は自らの存続のために、世界に隠しながら軍備の拡張に奔走することになる。

また、極東の国大日本帝国。関係の悪化の一途を辿る日米関係によって受ける経済的打撃に苦しんでいた。

その解決法として提案された大東亜共栄圏。東南アジア諸国及び中国を含めた大経済圏、生存圏の構築に力を注ごうとしていた。

この小説は、ドイツ第三帝国と大日本帝国の2視点で進んでいく。現代では有り得なかった様々なイフが含まれる。それを楽しんで貰えたらと思う。

またこの小説はいかなる思想を賛美、賞賛するものでは無い。

この小説は現代とは似て非なるもの。登場人物は史実には沿わないので悪しからず…

不定期更新。超絶不定期更新です。
24hポイント 127pt
小説 5,786 位 / 87,203件 歴史・時代 44 位 / 1,062件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!