お夜食からの呼び声

なぜ、真夜中に食べる食い物はかくも美味いのか。

なぜ、真夜中になるほど食べ物の小説や漫画、動画などを見てしまうのか。

なぜ、ひとは真夜中に腹が減るのか。

さまざまな疑問をさておき、私は私の考える美食を追求しエッセイに残す。近所の名店からはじまり、隠れ家的な店、家で食べる飯、青春の味。全ては美味いのひと言に尽きない美食たち。値段や品格に囚われない、味だけを追求する旅。

ルールはたったひとつだけ。

このエッセイは夜寝る前に読むべし。
24hポイント 0pt
小説 125,379 位 / 125,379件 エッセイ・ノンフィクション 4,396 位 / 4,396件