ラグナロク 神々のきまぐれ

「特区」それは華族達の世界。
 そこには魔力が存在し、華族達が派閥争いを繰り広げながらもその優雅な生活を謳歌していた。だがそれはGHQにより計画された日本魔力断絶100年計画の一環であることを彼らは気付いていなかった。
 その中で、日本に「聖剣」と呼ばれる魔力保持者が誕生する。有史以来1000年に1度、具現化しては世界地図を塗り替える存在。
 そして世界はその聖剣を中心に大きく回り始める。
 これは神々の意思なのか、それともただの気まぐれなのか。 


24hポイント 7pt
小説 16,050 位 / 57,337件 ファンタジー 4,635 位 / 18,800件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!