人魚小説(外部サイト)一覧

タグ 人魚×
16
1
BL 連載中 長編 R18
――なんで神様は逝かしてくれないのかなぁ? 昔素行不良な日々を送っていた人間の少年・“ミコト・クリーナー”は更正施設に入って約3年経ってからの出所後、かつて自分が傷つけた親友・“琉璃(ゆり)”と幼馴染・“デヴィット・パーカー”を死なせた原因を作ってしまった事に自責を募らせ死ぬに死ねない日々をただ過ごしていた。 琉璃のことでかつての不良仲間に脅され死ぬに死ねない自分に嫌気がさしていたそんな自分に声をかけたのは、琉璃を傷つけた事件当日に一緒に居合わせたホオジロザメの人魚の少年・“ホルガー”だった……。ホルガーは改心していたミコトに興味を持ち始める。人魚シリーズ・第三弾。 ※1 … 濡れ場があるシーンなどはタイトルの横に*が付きます。 ※2 … この作品はリハビリもかねてほそぼそと投稿していく予定なので少し投稿が遅れる場合があります、ご了承ください。 ※3 … この話は前作『盲目少年に恋しイタチザメ』の登場人物のいわばスピンオフ作品です、前作の話要素が入っていますので琉璃とミコトの関係に関してはそちらも見ていただければ分かると思いますので読んでくだされば幸いです。
24hポイント 10pt
小説 1,590 位 / 19,410件 BL 118 位 / 918件
登録日 2018.09.15
2
BL 完結 長編 R18
水族館でバイトをする大学生・葉月明澄(はづき あすみ)は同じ大学の先輩で同じバイト先の仲間である鮫淵詠寿(さめぶち えいじゅ)に密かな憧れを持っていた。しかし詠寿の正体はなんと“人魚”で人魚たちの住む世界“人魚界”の王子だった……。詠寿の秘密を知ってしまった明澄は強制的に連れてこられ、人魚界の掟で詠寿の花嫁にさせられてしまう……。現状をなかなか受け入れられない明澄、しかも明澄には過去のトラウマがあって……。 種族や住む世界観の違いという壁に悩む人魚の王子×トラウマ持ち大学生の物語……。 
24hポイント 3pt
小説 2,836 位 / 19,410件 BL 240 位 / 918件
登録日 2017.04.18
3
BL 連載中 長編 R18
「鮫の人魚だから碌な恋愛、出来ねえと思ってたハズなのにな……」 鮫の人魚であることを理由にないがしろにされていたことで拗れ、気を紛らわすために非行に走っていた王家出身のイタチザメの人魚・砕波(さいは)。しかし、ついに素行の悪さを咎められ、更正名目で南の人魚界に追いやられてしまう。誰にも心を開けないまま南の人魚界で過ごしていたがある日、怪我をして衰弱していたところを盲目の少年・内海琉璃(うつみ ゆり)に助けられる。鮫…特にイタチザメが好きだと言う琉璃に心を癒されていることに気付き始め、徐々に心に変化が訪れていく。捻くれ者なイタチザメの人魚×鮫の好きな盲目の少年の恋物語……人魚シリーズ第二弾、遂に始動。 ※この話は人魚シリーズの第二弾となり舞台は違えど前作シロワニの花嫁とリンクしているお話となります、砕波の過去の所業はシロワニの花嫁をご覧になっていただくと幸いです。 ※性的描写が入る際は*マークがタイトルにつきます。
24hポイント 3pt
小説 2,836 位 / 19,410件 BL 240 位 / 918件
登録日 2017.11.28
 人魚姫は海難事故に遭った王子さまの命を救い、王子さまに恋をする。海の魔女に掛け合って美しい声と引き換えに人間の脚を手に入れ、王子さまに会いに行った。その後のお話。  王子さまを想う気持ちは誰にも負けない。だけど、想ってる<だけ>じゃダメ。この想い、なんとかして王子さまに伝えたい!   声が出ないならどうやって気持ちを伝える? 早く愛されなきゃ泡になっちゃうよ!  前向きに意欲的に精力的に情熱的にがんばる人魚姫。彼女の努力は実を結ぶのか? 保仁谷裸羅の人魚姫三部作の第二作め。  ロゴーンによると「小林多喜二、大宅壮一の文章に似ていて、個性的でとても表現力豊かな文章。やや硬い文章だが適切な読みやすさ」でした。 ※この作品はアルファポリス、エブリスタ、小説家になろう、ハーメルン、ピクシブで同時投稿しています。
24hポイント 1pt
小説 4,041 位 / 19,410件 恋愛 1,652 位 / 5,051件
登録日 2019.02.23
本物の、龍、人魚、エルフの美少女召喚獣に囲まれ、冒険をするお話し
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,532 位 / 7,532件
登録日 2017.12.22
弥生と夢石の修正版。中学三年生の春野弥生はある日を堺に人魚の夢を見るようになった。人魚の夢をきっかけに、様々な出来事に巻き込まれていく。 人魚と魔法の現代ファンタジーストーリー。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,532 位 / 7,532件
登録日 2012.02.28
春野弥生は夏休みが終わる頃、図書館でとある少女に出会うが……。 弥生と夢石の続編。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,532 位 / 7,532件
登録日 2011.09.12
弥生はごく普通の中学生。ある日、不思議な夢を見た途端、弥生の運命が変わり始める。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,532 位 / 7,532件
登録日 2011.09.08
9
BL 完結 長編
中学二年生の日来風翔は、サッカーボールの直撃から同級生の渚宮碧をかばい頭を強打する。数秒の記憶の空白から目覚めた時、風翔は渚宮に対して「やっと会えた」という感情を覚えた。クラス替えで知り合ったばかりの渚宮と友情を深めるうち、風翔は渚宮が同級生の甲巫砂美を気に掛けていることを知る。甲は小学生の頃からいじめを受けていて、渚宮はそれを見ていながら助けてあげられなかった自分は意気地なしだと風翔に打ち明ける。風翔は渚宮に笑顔でいてほしいがために、渚宮と甲が話せるように手助けをする。人間不信で占星術マニアで腐女子な甲と関わるうちに、風翔は渚宮への思いが恋だと自覚し葛藤する。ある日の三人のチャットでついに風翔は思いを打ち明ける。すると、甲が風翔と渚宮の関係に興味があると言い出し、奇妙な三角関係は周囲にも悟られてしまう。偏見と冷やかしとからかいから渚宮を守ると風翔は決意し、三人の共闘が始まる。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 BL 918 位 / 918件
登録日 2018.04.15
漁師の少年・コウと、人魚のような不思議な魅力を持つ少女・スイは、夜明けの川で出会う。川のほとりには虚構の城があり、その天辺には『人魚姫』が君臨していた……。江戸後期~明治あたりの街を舞台にした、詩のような小説世界。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ライト文芸 242 位 / 242件
登録日 2018.03.10
人魚と女子高生のほのぼの百合のお話です。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,532 位 / 7,532件
登録日 2018.08.01
12
恋愛 連載中 ショートショート R18
仕事も大事、でも、日々の生活、観劇も大事、主人公は仕事を辞めて気分転換を兼ねて観劇に行く事に。 偶然、れた公園で出会ったのは人魚、それも噴水から顔を出していたのだ。 最初は話せないと思っていたのだが。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 恋愛 5,051 位 / 5,051件
登録日 2019.01.02
 とある北国の屋敷における祝いの席で披露された百年前の楽譜と手紙。それは大陸南部の漁村に棲んでいた人魚の歌を書きとめたものだった。剣と魔法の世界の片隅で眠っていた異類の歌にまつわるささやかな物語。  幼少期より続く人間ならざるものへの愛着に音楽へのオマージュを絡めた、おそらく拙作中では最も好ましい形にまとまってくれた一編です。元々は別の長編の背景をなすエピソードとして書いた章に音楽という要素を持ち込み語りなおしたものですので、末尾に長編での形を付章として添えさせていただきました。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,532 位 / 7,532件
登録日 2017.09.17
14
ホラー 連載中 長編
中津川日向は水瀬裄夜と出会う。 神に非ず、ただ、ひとの間にあったもの。なかったもの。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ホラー 711 位 / 711件
登録日 2019.05.09
15
恋愛 完結 短編
 アンデルセン原作の『人魚姫』は美しい物語ですが、あまりにも人魚姫が可哀想なので幸せにしてあげたくて書きました。ロゴーンによると、「北原白秋、小田実、石川啄木の文章と似ていてとても表現力豊かでとても個性的。硬い文章だが読みやすい」という評価でした。  この作品はアルファポリス、エブリスタ、小説家になろう、ハーメルン、ピクシブで同時投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 恋愛 5,051 位 / 5,051件
登録日 2019.02.23
16
恋愛 完結 短編
 美しい声と引き換えに人間の脚をくれるという魔女に、人魚姫は取引を申し出る。魔女は取引に応じ、人魚姫は声を渡すことなく先に脚をもらうが、嬉しくないオプションと厳しいペナルティ付きだった。脚をもらったら三日以内にある物をゲットして魔女に渡さなければならない。間に合わなければ人魚姫は海の泡になってしまう。間に合えば嬉しくないオプションを外してもらえる。  人魚姫は三日以内にある物をゲットできるのか? それを魔女に渡せるのか?保仁谷裸羅の人魚姫三部作の第三作め。  ロゴーンによると「阿刀田高、井上ひさしの文章に似ている。平均的な表現力でやや平凡な文章。文章の硬さと読みやすさは適切」。 ※この作品はアルファポリス、エブリスタ、小説家になろう、ハーメルン、ピクシブで同時投稿しています。 
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 恋愛 5,051 位 / 5,051件
登録日 2019.02.25
16