哲学小説(外部サイト)一覧

タグ 哲学×
8
1
キャラ文芸 連載中 長編 R15
「――――お前には、生きる意思があるか?」 普通の高校生、睦月ハカナ。 彼が目を覚ますと、そこは既に滅んだ世界だった。 ――――この世界は、地獄だ。 蝕む狂気、無価値な悲劇、命の叫び。 神々の手によって創られた理不尽な世界で生き抜こうとする者たち。 そんな世界に巻き込まれた少年のみる結末は果たして。 死に抗い、生に狂う。 サバイバルアクションホラー。
24hポイント 1pt
小説 4,471 位 / 19,314件 キャラ文芸 32 位 / 178件
登録日 2018.01.01
2
ライト文芸 完結 ショートショート
トイレをめぐる攻防です。
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 ライト文芸 238 位 / 238件
登録日 2018.01.04
彼女は私にそっくりだった。 私は彼女にそっくりだった。 私は彼女を愛していた。 私は私を愛していた。 では、彼女は― そして、貴方は―
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 現代文学 623 位 / 623件
登録日 2018.05.17
正義感の強い「私」は、周りの人々が社会に順応し、各々の正義を捨てていく中でも己の正義を持ち続けていた。 しかしそういった正義感の強いものは一般的には社会不適合者という扱いを受ける。 現代社会における正義とは一体なんなのか。 その答えを見つけたとき、「私」はどう動くのか。
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 現代文学 623 位 / 623件
登録日 2018.05.17
5
SF 連載中 長編
崩壊危機にある世界救済を巡るサイエンス・ファンタジー。 高梨|暖野(のんの)は高校2年生。 読書好きでちょっと古めかしいものが好きな彼女はある日、アンティークショップで懐中時計を手に入れた。 それは、崩壊寸前の異世界への鍵。 暖野はその異世界を再興するよう依頼されるが、その目的は彼女の想像を超えるものだった。夢の世界ひいては現実、それを救うことは、彼女自身のためでもあると。 無限の時空は量子の重ね合わせの数だけ存在し、時にひとはそれを異世界と呼ぶ。 時間とは? 空間とは? そして魂とは何か? 本当に大切なものはどこにあるのか? 時は鍵、人は鍵 現実と真実、はたまた幻想 真理と虚構の狭間 依るべきものはいずこにあるのか。 魂の叫び、喜び、交錯する時間線の中で暖野は何を感じ、何を成してゆくのか。 ※このお話は、小説家になろう様にても連載中です。 Copyright©2018-2019 Youka Izumieshi (泉絵師 遙夏) All rights reserved.
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 SF 1,003 位 / 1,003件
登録日 2018.11.30
6
ファンタジー 完結 ショートショート
適当をお題に適当に書いてます。まあ、肩の力を抜いて適当に読んでやってくださいな。
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 ファンタジー 7,465 位 / 7,465件
登録日 2019.02.28
 私は目立たない平凡な会社員。しかし、心中に誰にも知られたことのない大きな秘密を持っている。それがあるため、政治家や官僚、大企業の幹部でさえ、私に一目置くようになった。しかし、秘密はやがて大きく成長し、私の心を蝕むようになった。精神科でも家族でも私の悩みを解決することはできない。いっそ、誰かに明かしてしまったほうが自分のためになるのかもしれない。そう考えるようになっていた……
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 現代文学 623 位 / 623件
登録日 2019.05.05
「この保健センターにはね、エネルギーチャージ、っていう機械があるの。それがこれね。このヘッドホンみたいなのを付けて、あのボタンを押すと、脳に電流が流れてね。働きすぎで疲れて、うつ病になった人でも、このエネルギーチャージを使えば、一瞬で身体的にもメンタル的にも元気になれるって機械よ」 「え……そこまでしなければならないほど、ここの人たちは、疲れ切っているんですか……?」 「私も正直、この機械が導入された時は、この世界終わってんじゃないのか、って思った。そこまでして――命脅かすほどまでして働かせたいのか、ってね。でも、もうだいぶ浸透してきてしまった」 「――こんな機械、無くても済むような世の中ならいいんだけどね」  かぐや姫の子孫、かぐや月夜が、かぐや家として、1000年ぶりに、地球留学にやってきた。  月夜は竹やぶの中に居たが、そこで出会った男性にキュン死し、気が付けば、大学の保健センターに。  そこには、「エネルギーチャージ」という機械があり、仕事に疲れた人はそこで疲労回復をして働いていた。その光景に、月夜はぞっとする。  竹やぶで出会った男性は、大学の哲学科の教員、雨晴で、月夜は、彼のお手伝いをしながら、保健センター職員の榊の家で暮らし、地球留学を続ける。  そんな中で、月夜は、雨晴の仕事がどんどん忙しくなる様子を見て、悲しくなる。  そして、この現状をどうにかしようと、とある考えから行動を起こそうとするが……?  働き過ぎの世の中に対し、かぐや姫の子孫が月から警鐘を鳴らす作品。
24hポイント 0pt
小説 19,314 位 / 19,314件 ファンタジー 7,465 位 / 7,465件
登録日 2019.08.23
8