相方はポンコツ小説一覧

タグ 相方はポンコツ×
1
源範頼は炎の中、幻覚を見た。それは昔、弟の義経が語っていた天狗という存在だった。天狗は牛若こと義経の敵討ちの為に鞍馬山から降りてきたという。方向音痴な天狗と兄、頼朝に謀殺される筈だった範頼との珍道中。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 歴史・時代 1,095 位 / 1,095件
文字数 30,794 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.05.30
1