まったりとも言う小説一覧

タグ まったりとも言う×
1
時は春ー 桜の木が満開とまではいかずとも、まぁそれなりに綺麗な雰囲気になってきた時期、中学校に入学しようとしていた一人の少女が無表情ながらも内心ハイテンションで昨日の雨で濡れた道を歩いていたところ、神のいたずらだか運命だかで雨でしっとり濡れた桜の花びらに足を取られてしまい、思いっきりこけた。それはもう思いっきり。少女は当然の如く普通の子供なので超能力もこの形成を元に戻せるような足の筋肉も無いので物理的に抗うことが出来ず、ただただ重力に従って後ろへと落下していく中、精神的に抗おうとローファーの靴と実際には居ないであろうが完璧な八つ当たりとして神様を罵っていた。もしかしたら神様を罵っていたことがいけなかったのかもしれないが、少女は鈍い頭の痛みと共に意識を失った。頭でも打ち付けたのだろうか。そして次に目覚めた時にはー 「どこじゃここぉぉぉぉぉぉぉぉおおおお??」 ー可笑しな森に倒れていた。 この話はなぜか転移してしまった一人の少女が色々な国を回ったり、王宮で働いている時に勇者召喚が行われたり、ドラゴンが出てきたりと割とどこにでもある物語である。 文章がおかしいときがあると思うので、その時は教えてください! ガンバルゾー!〉\\\\?( 'ω' )? ////
24hポイント 0pt
小説 86,882 位 / 86,882件 ファンタジー 24,851 位 / 24,851件
文字数 16,873 最終更新日 2017.12.31 登録日 2017.12.10
1