神龍小説一覧

タグ 神龍×
2
簡単に説明すると私は現実世界では、ピチピチな十五歳のマリア。十歳になる頬っぺたプクプクな可愛い妹。世間的にはお嬢様。年上のいけすかない婚約者つき。ある日植物状態になってしまう。現実の私は二十歳まで、五年の眠りを女神さまと約束をした。 現在の私はとてもきつい目にあっています。果たして十五歳まで生きられるのでしょうか?というか、女神さまの加護がビンビンと効きすぎて、不死を忌避されとんでもない目にあわされてます。でも死ねない。つらい……しかもこちらでは十五年生きねばならない。 ファイとよー!! 恋愛フラグはいりません。実はこちらの肉体の持ち主は、やんごとなきお方のもの。私はお借りしお守りしているのです。あーあ。とにかく色々有ったのよ。説明めんどくさいから、取りあえずプロローグを読んでみて欲しいな。って長い? ごめん。だってそれだけ辛かったの。お願いだから愚痴聞いて欲しいな。あとね。私のクチの悪いのは婚約者のせいです。一応やんごとなき家系の血筋の娘。だが本家に逆らえず、バカドラ息子の婚約者に娘を差し出す家族。 こんな家でお嬢様してられませんって!買い食い上等。隠れてバイトもしてました。婚約者の犯罪や浮気の証拠も集めて隠していたんだけどなぁ…… 神龍姫さま。魂の無事なご帰還お待ちしております。私も頑張りまっす! 週末にプロローグを三話投稿。 以降無理なく投稿いたします。 ヘタラしてしまいごめんなさい。今回は無理しません。コツコツいきます。
24hポイント 63pt
小説 10,605 位 / 91,985件 ファンタジー 2,097 位 / 25,601件
文字数 190,468 最終更新日 2020.12.31 登録日 2020.10.31
「た、頼む! 私がっ、私が悪かったんだ! 私との婚約破棄が、辛かったのだろう? すまなかった……! 今からでも、やり直せないか……? 今この瞬間に、また婚約しよう!」  元婚約者で平民のリリーに、次期国王となるはずのレイシャル王子は地に額を擦り付けながら、何度も何度も頭を下げる。  本当に愚かな王子だ。ここまで来ても、巫女と呼ばれ、尊ばれるべき存在だったリリーの怒りを買った理由がわかっていないのだから。  リリーは、これまで一度も婚約者に微笑みかけたことはない。  だから、この時リリーが優しく微笑んだのを見たレイシャル王子は、先の婚約を受け入れてくれた……そう思った。  リリーは慈愛に溢れたその微笑みのまま、口を開く。 「あ? 婚約破棄? 知らんがな。とっとと失せろや、ゴミクズ野郎」
24hポイント 35pt
小説 14,376 位 / 91,985件 ファンタジー 2,722 位 / 25,601件
文字数 21,516 最終更新日 2020.09.08 登録日 2020.08.31
2