5
恋愛 連載中 長編 R18
心に古傷を持つ三十路の社畜OLが、同じ部署の小犬のように愛らしい見た目をしている年下君に囚われてしまうお話。 ※6話+一ノ瀬君視点3話で完結。 ※11月28日 第4話の後半と第5話の前半を入れ替えました。ですのでR18は5話6話です。 突如として濃厚なラブシーンが書きたくなって書いたお話なので、R18シーンの描写がネチッこいので、お気をつけて下さい ※この作品はムーンライト様の方でも公開しております。
24hポイント 1,302pt
小説 647 位 / 37,494件 恋愛 232 位 / 8,745件
文字数 45,026 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.18
恋愛 連載中 長編 R18
少女漫画で良くある『初恋の人を想い続けて結ばれる』という純愛。 「ずっと忘れられなかった。」 ? 「心の底では、いつも君を想っていた。」? 「誰と付き合っても、本気になれなかった。」?? じゃあ、私との関係は『本気』ではなく『遊び』でしたか?私は真剣だったのですけどね? 結婚を前提として付き合ってきた彼氏が、中学生時代に付き合っていた初カノと再会し、2人で盛り上がって純愛を貫こうとした為に、ゴミ屑のように捨てられたOLが幸せを掴むまでのお話。 *本編完結済みです。 現在、元彼である絢斗視点を数話更新中です。 *R18のシーンは予告なく入ります。 ムーンライト様の方でも、重複投稿しております。
24hポイント 291pt
小説 1,973 位 / 37,494件 恋愛 633 位 / 8,745件
文字数 236,353 最終更新日 2018.11.18 登録日 2018.05.24
恋愛 連載中 長編 R15
『賢者』って、どういうこと? 異世界からの召喚って『聖女』が相場だよね?? しかも、この世界は、よくある異世界トリップものにある「良いところ取りの中世ヨーロッパ風な世界」ではなくて、変なところがリアルな中世ヨーロッパ風な世界で…… 要は、臭い…臭過ぎて鼻がもげそう。 紳士淑女は野糞しているし、毛穴から細菌が入るとか馬鹿なことを信じていて、入浴をしないから体臭も酷い。 それより何より、街の通りを歩いているだけで、頭上から屎尿が降ってくるという始末……なんのコメディーか… 不衛生極まりなく、権力による理不尽も罷り通るような世界で、元の世界に帰りたいと願いながらも10年間も帰れず、自然と様々な問題に巻き込まれていく、ちょっと後ろ向きで未練がましいけれど、努力家の女の子のお話。 *なろう様の方でも重複投稿しております。
24hポイント 42pt
小説 5,651 位 / 37,494件 恋愛 1,914 位 / 8,745件
文字数 368,160 最終更新日 2018.11.08 登録日 2018.01.01
恋愛 連載中 長編 R18
同じ大学の音楽学部で先輩後輩だった『はるか』という同じ音の名を持つ2人の恋の物語。 1つ年下の彼は、いくつかの国際コンクールで入賞するような天才。 片や私は、フリーのヴァイオリ二ストと言えば響きはいいが、プロオケの正団員ではなくエキストラ奏者をしたり、大手の音楽教室で非常勤講師をしたりしてどうにか自分の食い扶持を稼いでいるしがないヴァイオリン弾き。 彼が世界有数の音楽大学への留学が決まった5年前に、私は彼の足枷になりたくなくて身を引いたのだけれど、その別れた筈の彼が5年経った今、突然私の目の前に現れて…。 このお話はJ.S.バッハ作曲の『2つのヴァイオリンの為の協奏曲』という名曲をモチーフにしています。 2つのヴァイオリンが離れることなく連れ添って模倣し合い、重なり合って導き合う。まるで音の織物を編み上げるように美しい音楽を2つのヴァイオリンが紡ぎ上げていきます。 短調なので派手さはありませんが、相手の事を深く思いやるような落ち着いた愛を感じさせる素敵な作品です。 この曲自体が全3楽章からなる作品ですので、各楽章それぞれ2つの視点の計6話で完結する予定です。 *筆者は大昔に楽器を少し齧った程度で、音大卒でもヴァイオリ二ストでもありません。 この物語は、筆者の友人の音高・音大卒のヴァイオリ二ストの子の愚痴を基に思いついた作品ですので、その友人の独断と偏見も多く入っているかと思いますし、筆者の知識不足によるいい加減な描写も多いかと思われます。 そんな適当な描写を不快に思われる方は、ブラウザバックでお願い致します。 *この作品はムーンライト様の方でも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 7,638 位 / 37,494件 恋愛 2,461 位 / 8,745件
文字数 67,856 最終更新日 2018.10.13 登録日 2018.08.04
数奇な人生を歩んだ戦国時代一の美女として名高い細川ガラシャと、その夫で戦国時代一のヤンデレとして有名な細川忠興の物語を、史実と逸話を織り交ぜつつ、筆者なりの解釈で書いたものです。ヤンデレ夫視点です。 *当初は短編を予定しておりましたが、少々長くなりましたので、上・中・下巻と3話に分けてアップしたいと思います。 ※2018.10.24に全話、加筆修正致しました。残酷描写や性的な描写も増やしましたので、R15→R18に変更させていただきます。 どうぞ宜しくお願い致します。
24hポイント 42pt
小説 5,651 位 / 37,494件 歴史・時代 49 位 / 386件
文字数 11,786 最終更新日 2018.02.15 登録日 2018.02.13
5