雨音恵

雨音恵

細々と執筆しておりますのでよろしくお願いいたします。感想をいただけると嬉しいです。
2
勇者の少年アスタは世界に闇をもたらす四人の魔王を倒す旅に出た。 しかし気付けばアスタは誰も立ち入らない森の中に入っていて、そこで絶世の美女と出会う。 彼女の名前はエーデルワイス。誰も知らない五人目の魔王。だが彼女こそ最古にして最強の魔王だった。 アスタは戦うが力及ばず敗れてしまう。 死を覚悟した勇者アスタに、魔王は提案した。 「ねぇ、アスタ君。私のモノにならない?」 そして始まる勇者と魔王の同棲生活。 「おはよう、アスタ君。もう起きたの?」 「いつも言っていますけど服は着て下さい。風邪ひきますよ?」 「うぅん……大丈夫だよぉ……アスタくんをぉ……抱きしめていればぁ……温かいから」 「ちょ、ちょっと―――!」 勇者アスタの悩みは尽きず。 魔王エーデルワイスは微笑みながら静かに呟く。 「いつか私を殺してね。小さな勇者様」
24hポイント 0pt
小説 121,256 位 / 121,256件 ファンタジー 31,519 位 / 31,519件
文字数 17,274 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.08.23
ライト文芸 連載中 長編 R15
 これは年下の少年が年上女性に食われる恋物語。  高校一年の夏。念願叶って東京にある野球の名門高校に入学した今宮晴斗(いまみやはると)。  地元を離れるのは寂しかったが一年生でレギュラー入りを果たし順風満帆な高校生活を送っていた。    そんなある日、中学の頃から付き合っていた彼女に振られてしまう。    ショックのあまり時間を忘れて呆然とベランダに立ち尽くしていると隣に住んでいる美人な女子大学生に声をかけられた。 「何をそんなに落ち込んでいるのかな?嫌なことでもあった?お姉さんに話してみない?」 「君みたいないい子を振るなんて、その子は見る目がないんだよ。私なら絶対に捕まえて離さないね」  お世辞でも美人な女性に褒められたら悪い気はしないし元気になった。  しかしその時、晴斗は気付かなかった。  その女性、飯島早紀の目が獲物を見つけた肉食獣のようになっていたことを。  それからというのも、晴斗は何かと早紀に世話を焼かれる。それだけでなく野球部マネージャーや高校の先輩のお姉さま方も迫ってくる。  純朴な少年、今宮晴斗を賭けたお姉さま方のハンティングが始まる!  表紙イラスト:くまちゅき先生
24hポイント 85pt
小説 9,816 位 / 121,256件 ライト文芸 152 位 / 5,056件
文字数 288,713 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.03.03
2