3
人の魂は絶対に入ることの出来ない神域に、一つの魂が紛れ込んだ。 神はその魂に堕ちた神の破片と、自身の魂の欠片を無理矢理混ぜこみ、神々に見捨てられた世界へと放り投げる。 その様子を見ていた幾数もの神々は、丁度いいゴミ箱とも言わんばかりに、好き勝手に呪いや不幸を押し付けた。 そんな、神々ですら理解できないほど歪み、異形となった魂は神々に見捨てられた世界、『バルシェ』へと転生を果たす。 この物語は、神々の呪いのおかげでいくつもの困難に見舞われながらも、付き従うものを増やし、無限の進化を遂げ、本能に従って強くなり、いずれ神に至るかもしれない、そんな魂と、保身のためそれを阻止すべく様々な妨害を仕掛ける神々の物語。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 多くの魔物や人間が主人公に忠誠を近うような展開や、復讐、ステータスシステムなどが好みの方は、より楽しめる作品となっています。 この作品は、小説家になろうでも連載しています。 ファンタジー小説大賞にエントリー中です。皆様、よければ投票をお願いします!
24hポイント 106pt
小説 9,322 位 / 120,979件 ファンタジー 2,099 位 / 31,475件
文字数 96,971 最終更新日 2021.09.05 登録日 2021.07.31
恋愛 連載中 長編
「角付きの嫁なんて美しくない!しかもお前は魔族の娘!高貴なる私には似合わん!出ていけぇ!私は他の娘と一緒になる!」 年に一度、王侯貴族が各地から集まり顔を合わせる舞踏会で、私の婚約者であるウェバード=バルナは高らかに宣言した。 婚約破棄はまぁ良いですけど……私、魔族って言っても、魔王の娘ですよ? 私と婚約破棄をする意味、本当に分かってますか?
24hポイント 21pt
小説 21,276 位 / 120,979件 恋愛 8,946 位 / 35,666件
文字数 10,124 最終更新日 2021.09.04 登録日 2021.08.28
私、アルファ・マリエットには国で随一の魔法の才能がありました。 けど……どういうわけか幼馴染で婚約者のバカ王子が私の寝室に忍び込んで、不思議な魔法具を使ったのです。その結果、私の魔法の才能は王子に移り、王子は国中からもてはやされる魔法使いに。 私? 魔法が使えなくなった私を……国は見捨てました。だけど、忘れていませんか? 私、あなた達の前で魔法を使ったこと無かったですよね?模擬戦をしてきた騎士団長も、あの恐ろしい魔物も、戦った時、私は一度も魔法を使っていませんよ? 全部物理(拳)でしたよね?忘れていませんか?
24hポイント 7pt
小説 29,472 位 / 120,979件 恋愛 12,407 位 / 35,666件
文字数 11,990 最終更新日 2021.07.17 登録日 2021.07.13
3