梓川あづさ

梓川あづさ

あづさです。物書きです。 エッセイやら歌詞やら何やら色々書いてます。 書くのが好きで一日二万文字くらい書いてます。 更新予定や進捗はTwitterに載せるようにします。
3
ある日事故を起こし死んだ工藤駆(カケル)は、女神から転生させて貰えることに。 勇者にでも転生できるという女神に対してカケルが選んだのは——御者。 転生先の世界には魔物がたくさんいるから、例え御者でも戦闘力は必要だろう、と女神に貰った肉体が、馬車が、鞭が全てチートだった。 馬車は走るほどに車内の空間が拡張されていく特別製。 さらにドラゴンが100体乗っても大丈夫なほどの堅牢性をもっていた。 鞭は自分の意思で伸縮自在に操作可能。 そしてひとたび叩けば強力な魔物を使役することができるという魔法の鞭だった。 カケルは自分の乗客が怪我をしないように、と強力な魔物を護衛につけ、過剰すぎる防衛体制で今日も馬車を走らせていく。 そしていつの間にか空間が拡張されていく馬車の中に作った家は、どんどんと拡張されていき——。 「これってもはや城じゃないか?」 ツンデレピンクでちょっぴりエッチなお馬さんにひかれて、今日も馬車は走る。 そしてカケルは様々な人と魔物と(色んな意味で)繋がっていく。 ※小説家になろうでも掲載中です。
24hポイント 802pt
小説 1,345 位 / 65,957件 ファンタジー 366 位 / 20,297件
文字数 126,909 最終更新日 2020.02.14 登録日 2020.01.25
「じ、じゃあスカートの中を隅々まで覗いてみればいいじゃないですかっ!?」 魔女の魔法でしかモンスターを倒せないこの世界で、僕は魔女を守る騎士(ナイト)になりたかった。 そしたら幼馴染のリッカ(あとハルト)とずっと一緒に居られるんだから。 なのに、少女にしか現れないという<魔女の刻印>がなぜか男の僕に現れてしまった事で事態は急展開を迎える。 そう僕は男でありながら<魔女>になる事になってしまったのだ。 こうしてカイことカイネウスは、イニスへと名前(あと性別)を変えて魔法の使い方などを学ぶ魔女学園に入学する。 その時に魔女学園の校門であの上のセリフを叫んでしまったのは黒歴史だ。 ヒラヒラしたスカートは未だ慣れず落ち着かないけど、バレたら有罪(ギルティ)。 だから内股を意識して、一人称はワタクシに……ってそんな事出来ないよ! キラキラした女の子に囲まれ、男バレできない緊張感MAXの魔女っ娘物語がここにはじまる。
24hポイント 85pt
小説 6,167 位 / 65,957件 キャラ文芸 107 位 / 1,928件
文字数 168,951 最終更新日 2020.01.29 登録日 2019.12.30
ある日、世界同時多発的に迷宮が現れた。 それは目に見えるものではなく、人の心に巣食う迷宮だった。 やがて迷宮症候群(ラビリンスシンドローム)と呼ばれるようになったそれは宿主となった人の心を奪い、二度と目覚めなくさせる病気として認定された。 その病気に罹患した患者はダイバーと呼ばれる探索者がその心の迷宮を踏破する事でのみ目を覚ますことが出来る。 そこで政府は迷宮管理協会を発足させ、迷宮の本格的な探索に乗り出した。 不破 陸(ふわ りく)は幼少期に発症し、未だ目覚めぬ妹の迷宮を攻略するため、探索者となった。 陸は迷宮でのみ使える<スキル>という名の刀を振るい最難関SSランクの迷宮踏破に挑む。
24hポイント 7pt
小説 17,471 位 / 65,957件 ファンタジー 4,304 位 / 20,297件
文字数 31,609 最終更新日 2019.03.03 登録日 2019.03.03
3